アレルギーで出る咳は名医によるアレルギー対策が必要

アレルギーを起因とするアレルギーで出る咳は、発症から3週間から8週間のものと慢性咳嗽(発症から8週間以上続く)ものがあります。
アレルギー機序で生じる咳喘息、アレルギーが主な原因のアトピー性咳嗽、咽頭アレルギーなどの種類がありますがアレルギー名医でないと診断が困難です。
アレルギーで出る咳の咳喘息は正式な喘息ではなく、喘息の亜型とされています。
喘息に診られる喘鳴や呼吸困難の症状はなく、慢性的な咳嗽だけが続きます。
症状が良く出る時間帯は就寝時や深夜、早朝などに上気道炎や冷気・運動・喫煙・雨天などを起因として悪化します。
痰はないか少量でゼーゼーヒーヒーというような呼吸音も伴いません。
治療方法は原因となるアレルギー対策と吸入式のステロイド薬ですが、改善がない場合は気道過敏性検査など専門的な検査が必要となりますので、アレルギー名医のいる気管支喘息専門に診ている施設へ行くようにしてください。
このアレルギーで出る咳の場合は経過中の成人の30パーセント前後の方が喘息に移行することがあります。
アトピー性咳嗽は咽頭や気管のイガイガ感を伴う、乾性咳嗽です。
就寝時や深夜から早朝にかけて、または起床時などに誘引となる冷気や暖気、会話、受動喫煙、運動、香水などで起こります。
なり易い方は喘息以外のアトピー疾患を持っている方や、血縁者にアトピー疾患がある方などです。
治療はアトピーに対するアレルギー対策と薬の投薬になります。
ステロイドの気管拡張薬は無効で、ヒスタミンH1受容体拮抗剤が有効とされます。
咽頭アレルギーはアレルギー素因を有する人で、アトピー性咳嗽とは別に、咽頭に限局した原因を伴うことで生じる咳嗽があることがアレルギー名医によって発見され、2大症状は咽頭異常感と執拗な咳嗽です。
治療方法はアレルギー対策に投薬となりますが、抗ヒスタミン薬が無附効であることがあり、この場合漢方薬の麻黄附子細辛湯が有効です。