キュウイ桃アレルギーや犬噛まれてなるアレルギー対策

アレルギー症状にはさまざまな種類があり特定のものを食べたり、接触することで発生します。
キュウイ桃アレルギーではキュウイや桃を食べると口の中や喉がイガイガして腫れてしまう症状がでます。
さらにひどくなると吐き気や下痢などの症状がでたり呼吸が苦しくなり気管支喘息の発作が起きたりすることもあります。
また、原因物質は色々ありますので犬噛まれることでなるアレルギーもあります。
アレルギー対策としてはとにかくアレルギーを引き起こす物質に近寄らないということです。
1度めの接触では症状がでなくても免疫が機能することにより2度目に接触した時に大きな症状がでることがあります。
キュウイ桃アレルギーではキュウイや桃を食べないことが大事ですが、フルーツミックスジュースに入っていたりケーキに刻んで挟まれているなどということがあるので注意が必要です。
小さな子供では甘いものを食べたいという欲求から原因物質をよく確認せずに飲食をしてしまい、キュウイ桃アレルギーからアナフィラキシーショックなど命に関わることもありますので周囲の大人が気にかけることが重要です。
犬噛まれることが原因の時には犬に近寄らなければよいのですが、一度犬噛まれるで症状がでるとその先、犬がいなくても床に落ちている毛に触れたりするだけで痒みや痛みがでてしまうことがあります。
アレルギー対策としては掃除をしっかりとして換気をし、空中に舞っている毛も除去してしまいましょう。
症状がでてしまってからのアレルギー対策としては、抗ヒスタミン剤の服用やアドレナリンの注射があります。
自分でアレルギー反応がでる要素について自覚し、その物質を生活圏から遠ざける工夫をしましょう。