埃によるアレルギー対策とクレーム対応について

日本は他国に類を見ない程衛生的な国となりました。
公衆トイレや温泉地等の綺麗さは、諸外国から訪れる観光客に羨望の眼差しで見られる程、美しい国と言えます。
逆境するようですが、この衛生面での徹底振りが、日本人をより繊細に敏感にし、様々なアレルギーで悩む人が増えています。
子供の頃、多くの細菌やウイルスの抗体や免疫力をつけながら大人になりますが、子供の時にひと昔前の様に不衛生な環境に接する機会がなく、いわゆる無菌室状態で育つ子供達は、些細な事が原因のアレルギーを発症します。
誰もが一度は経験する、埃によるアレルギー対策は、布団を日に干した後ダニの死骸を専用掃除機で吸引する等、念入りな対策が習慣となっています。埃には細菌やダニが存在し、人体に良い影響は決して与えません。
小さな子供を持つ親は特に注意を払うアレルギー対策の代表格と言えます。
近年では最先端の技術を駆使して開発された空気清浄機が登場し、窓を閉め切って稼動させた方が、微細な埃まで吸い取り、アレルギー対策になると評判を呼んでいます。
個人病院やエステ、託児所等では、手軽な空気の掃除にと導入する場所も増えています。
しかし、中には利用施設の埃対策が不十分でアレルギーを発症したと、言いがかりにも近いクレーム対応を迫られるケースもあります。
このようなクレーム対応の対策は、埃に対する知識を十分説明する事です。
どれだけ高価な空気清浄機を稼働させても、人の出入りや空気の流れがある以上、無菌室は成立せず埃は必ず存在する事。時に風で運ばれてくる埃もあり、実際にどの場所の埃で症状が悪化したのか、立証するのは難しいという事を納得させ、この施設なら安心という思い込みによるクレーム対応を収束させる事が出来ます。