ザイザルでアレルギー対策はじめよう

年々増加するアレルギー性疾患を持っている人の数。
花粉症をはじめとする蕁麻疹や喘息、アトピーなどアレルギー性疾患は本当に辛いですね。

花粉症は春のイメージ、という方も多いと思いますが、実は年中なんらかの花粉は飛んでいますから、年中花粉症でくしゃみ・鼻水が止まらないという人もいます。

アレルギー疾患の辛いところは、一度発症すると治らない、あるいはなかなか治らないという点です。
たとえば乳幼児期の食物アレルギーには治るものもありますが、原則、花粉症などのアレルギー性鼻炎は一度発症すると治りませんし、仮に軽くなってもアレルギー症状を出しやすい体質、というものは一生ついてまわります。

ですからアレルギー治療において一番大事なことはアレルギー対策です。

アレルギー症状が出るメカニズム、それには大きくヒスタミンという化学伝達物質が関わっています。ヒスタミンというのは肥満細胞という細胞の中に蓄えられており、花粉などの抗原の侵入の刺激を受けて放出、それがヒスタミン受容体にくっつくことで、かゆみ、くしゃみ、鼻水、湿疹などのアレルギー症状が出るようになります。

では、どうやってそのアレルギー症状が出るのを抑えればいいのか。
抗原を吸わないこと、がもちろんアレルギー対策の基本ですが、空気中に浮遊しているものを完全に避けることはできません。
ですから、その症状が出るメカニズムのうちの一つ、ヒスタミンがヒスタミン受容体にくっつくのを妨げればいい、ということになります。

その役割を持つのが抗ヒスタミン剤です。
抗ヒスタミン剤も進化を遂げており、第一世代の一番の問題であった副作用、眠気も改善されてきています。

第二世代の抗ヒスタミン剤は多種ありますが、中でもザイザルは薬の効果を最大に保ちつつ、副作用の眠気の出現を抑えるという点で第二世代の抗ヒスタミン剤の中でも優れています。

家庭でのアレルギー対策として常備しておくと便利ですね。